ラマ王により1782年に建設され、”天使の街”として生命が脈動するエネルギッシュな大都市として、タイの魅力を探す最初の場所として最適です。
Chakrabongse Villas

BOOK
Chakrabongse Villas

Mekhala Rice Barge

BOOK
Mekhala Rice Barge

BOOK
Thai Namthip Luxury Rice Barge

Thai Namthip Luxury Rice Barge

BOOK
The Bohemian Residence

The Bohemian Residence

The Cabochon Hotel

BOOK
The Cabochon Hotel

ENQUIRE

どこに行きましょう?

ラマ1世が1782年に建設した「天使の都」は、生命が脈動するエネルギッシュな大都市として、タイの魅力を探す旅のスタート地点に最適です。タイ国民がクルンテープと呼ぶこの首都の街は、アジアでも有数の歴史、文化、建築の遺産が残る都市。食欲をそそられる屋台料理の香り、たくさんの屋外市場、料理教室、マッサージ、眠らない夜の街など、すべてが人々を引きつける魅力です。東南アジア最大の博物館となる国立博物館、エメラルド仏が祀られた黄金に輝く王宮寺院、涅槃仏のあるワット・ポー、そのどれもがラタナコーシン地区にあります。

沿岸に寺院や歴史的建造物が建ち並ぶチャオプラヤ川や運河を行き来するボートは欠かせません。ネオクラシック様式の建物やアンティークショップが並び、西洋文化の影響が色濃く残る旧市街やチャイナタウンがこの街のさらなる個性を引き立てています。週末なら15000店を超える店にタイ全土から商品が集まるチャトチャック・ウィークエンド・マーケット、またはユニークな市場として有名なタリンチャン水上マーケットが旅行者を楽しませてくれるでしょう。バンコクの魅力はますます広がりつつあります。