スリランカ

インド洋の南西に浮かぶ涙の形をした島、スリランカには予想もしなかったような驚きが一杯あります。以前はセイロンとして知られたこの島は豊かな植物、マングローブやシナモン、クローブ、ナツメグ、ビャクダン、ジャスミンやコウスイガヤといったスパイスの宝庫。島の中央部、高地の丘陵地帯には素晴らしい茶のプランテーションが広がり、滝や小川、緑豊かな熱帯の風景はトレッキングには理想的なスポットです。南の海岸はサーファー達に愛され、西部州のベルワラは素晴らしいビーチで有名です。

首都、コロンボを離れキャンディへ。ここは最後の王朝の都であり聖地でもあります。キャンディと北中部州の古都アヌラーダプラとポロンナルワは文化三角地帯と呼ばれ、 シギリヤのライオン・ロック、ダンブッラの石窟寺院など、これらは全てユネスコの世界遺産であり、 二千五百年も昔の古代都市の名残を感じることができます。歴史のある都市と言えば南部州のゴールにはこの国で最も多くの人が訪れるいくつかの自然公園があり、なかでもヤーラ国立公園はヒョウの生息地として世界で最大です。

いにしえの文化から豊かな自然、アドベンチャースポーツにビーチ。 忘れられない、スリランカへようこそ。