アンダマン海とベンガル湾に隣接しかつてはビルマとして知られていたミャンマーはアジアの全く違った側面を訪れる人に与えることでしょう。
インレー湖

BOOK

マンダレー

BOOK

BOOK

ラカイン州

BOOK

ヤンゴン

アンダマン海とベンガル湾に隣接しかつてはビルマとして知られていたミャンマーはアジアの全く違った側面を訪れる人に与えることでしょう。 都市から地方へと変わる風景には過ぎ去りし日のミャンマーの雰囲気と魅力が残されています。最大の都市ヤンゴン、ラングーンとしても知られるこの都市は植民地時代の独特の雰囲気を持っています。高台の頂上に位置し、街を見下ろす黄金のシュエダゴン・パゴダはミャンマーで最も尊い仏教のパゴダで、輝きを放っています。ミャンマーの伝統人形芝居は見逃すことのできないミャンマー・アートの神髄です。

エーヤワディー川(イラワジ川)の東岸、最後の王朝の首都マンダレー。その管区にあるバガンは世界で最も貴重な考古学的遺跡です。二千を越えるパゴダ、仏塔は夕暮れと夜明け時に特に魅惑的です。インレー湖の水上に浮かぶ畑や水上に立ち並ぶ家屋などはここでしか見ることのできない魅力にあふれています。再北部、ヒマラヤ山麓の丘、プタオは素晴らしいトレッキングへの入り口です。いにしえからタンドウェの近くに位置するガパリはミャンマーで最も有名なビーチリゾートです。白く光る砂と透き通るようなターコイズ色の水面、そしてこの国で最上級の料理、中でも魚がおすすめです。

人々の温もりと優しさを集めて流れ着いた小さな宝石、それがミャンマーです。