チャンパーサック - パクセー

BOOK

ルアンパバーン

BOOK

BOOK

ムアンラー

BOOK

Vientiane

ラオス人民民主共和国はインドネシアの中心に位置し、ラウ・ピープルズ・デモクラティック・リパブリックやラオスと呼ばれることもあるが、まだ世界でも広く知られていない部分が多い国です。巨大な近隣諸国に囲まれながら、16の県分かれ、3つの地域に大きく分けられています。山岳地帯が国土の大半を占め、以前の首都や、ユネスコ世界遺産のルアンパバーン群、ラオス北部は手つかずの熱帯雨林が広がり、田んぼと美しい景観が多くあります。メコン川に沿って国土が広がり、穏やかな首都ヴィエンチャン、ラオス中心からは田舎の風景が広がっています。メコン川の平地と山々が南ラオスでは見ることができます。

無数の河川と小川が合流しあった巨大なメコン川は仏教国であるラオスの国土を通って1,900kmの流域を誇り、地元の人々の日常生活にとって必要不可欠な存在となっています。国内ではエリアによって4つの言語が話されており、49もの民族がモザイクのような文化の違いを見せています。シンプルさと優雅でゆったりとした感覚。これがラオスの美しさです。