中世インドの宮殿や砦、その他多くの建築物の魅力への入り口であるジャイプールはラジャスタンの首都です。正式名称ではありませんが、マハラジャであるラム=シンがププリンス・オブ・ウェールズを歓迎するために、旧市街全体をピンク色に塗らせたことで、”ピンクシティー”と呼ばれており、華やかな文化や、色とりどりの祭りや、ラジャスタンの食文化を堪能することができる街です。
Anopura

BOOK
Anopura

Talabgaon Castle

BOOK
Talabgaon Castle

中世インドの宮殿や砦、その他多くの建築物の魅力への入り口であるジャイプールはラジャスタンの首都です。正式名称ではありませんが、マハラジャであるラム=シンがププリンス・オブ・ウェールズを歓迎するために、旧市街全体をピンク色に塗らせたことで、”ピンクシティー”と呼ばれており、華やかな文化や、色とりどりの祭りや、ラジャスタンの食文化を堪能することができる街です。

ジャイプールでもひときわ目立つランドマークである、ハワーマハルに行ってみましょう。風の宮殿とも言われる1799年に建設されたこの蜂の巣状の5階建てのピンクの砂でできた建物の光景には想像を超えるものがあります。ラジャスタンとムガールの建築様式を取り入れたシティーパレスには多くの庭や建築物がありこちらも大変見応えがあります。象に乗って白い大理石と赤砂岩でできたアンバーフォートの都に行ってみましょう。そこでは壁や屋根に施された複雑な溝の模様や、細かい装飾が施された鏡がありとてもきれいです。旧市街地ではカラフルなバザーが行われています。アルバートホールミュージアムとインド博物館ではよりインドの歴史に触れる事ができるでしょう。ジャイプールは今ショッピングの場所として広く知られており、繊維製品、カーペット、手芸品、ラグダ皮製品、青磁器、そして貴金属製品が有名です。多くの物語と至宝に溢れる生命力に溢れる土地。それがジャイプールです。