マラバール海岸・ケーララ州

広大なアラビア海に囲まれた、ケーララ州北部、インドの南西部のマラバール海岸は静けさがただようエリアです。 ここに住む人々は信仰する神に強く影響を受けており、生命を祝う多くの儀式や、年間に色とりどりの祭りが開催されています。ヤシ林、稲を育てる田園、神聖なビーチ、青々とした斜面のスパイス園、島の運河、のんびりとしたマラバールには正統インドのエッセンスが流れています。

ハウスボートに乗り込み、レジャークルーズに繰り出してみましょう。自然の中を歩いき、ラニプラムの丘やスパイスが栽培されているワヤナードの丘ででバードウォッチングも楽しいでしょう。竹や蘭が多く育つこの土地にはティープランテーションが多くあり、このプランテーションは象、アクシスジカ、トラ、レオパード、熊、ワイルドボアなどの野生動物たちの住処となっています。マトゥパン寺院でサーヤダンスのパフォーマンスをみるのもお勧めです。蛇寺、ベカルフォート、昔ながらの漁村を探険するのもいいでしょう。西ガーチ山脈でとれるスパイスを使った現地のマラバール料理を学んでみましょう。アーユルベーダのマッサージやヨガのクラスで身体も心をスムーズに。神聖な雰囲気と調和を探し、この魔法のようなマラバールの魅力に活力を得られるはずです。