カンボジア

正式にはカンボジア王国として知られ、この古の土地の歴史は数千年前にさかのぼります。初めは東南アジアのクメール人の土地でしたが、現在は24の州、4つの地域に分けられます。平地、山脈、高地、国立公園、海岸線、メコン川、そして雄大なトンレサップ湖、カンボジアの魅力はたくさんありますが、その中で最もひきつけるものは、人情深いカンボジアの人々だということは間違いありません。

世界の不思議の8つに数えられるアンコールワット、見事なクメール帝国時代の寺院の数々、シェムリアップからほど近くには記念碑が残されています。アンコール遺跡と国で最も人を引き付ける場所に位置するそれらの遺跡は想像を超えた迫力があり、仰天するかもしれません。川沿いに広がる首都のプノンペンには急速に発展する食文化と、ナイトシーン、そして文化の独特な魅力があります。南にいけばシアヌークビルやケップといった沿岸部の小さな町があります。クラバン山脈の周りでは自然や野生動物に出会えるエコツーリズムの冒険が楽しめ、北東のエリアでは原住民やさまざまな自然の魅力が点在しています。この謎に満ちた王国で調和することのない魅力を体感してみましょう。冒険は魅力に満ちています。